中性脂肪とアルコール

中性脂肪とアルコールとの関係

アルコールは、中性脂肪の値をあげるリスク要因として挙げられています。

 

とはいえ、飲酒自体がいけないということはありません。過剰に中性脂肪を分泌させてしまう飲酒方法が、いけないのです。

 

本来アルコールには、血管の脂肪をひきはがし運んでくれる善玉コレステロールを増やす効果もあります。ただし、過剰にアルコールを摂取した場合、体内にかなりの中性脂肪を増やすことになります。

 

アルコール自体は分解されるので、水と二酸化炭素になるだけです。でも、肝臓で分解される際、中性脂肪の分泌を促進する酵素が出てきます。

 

アルコールを飲んでから12時間後が中性脂肪合成のピークになるのですが
次にこの肝臓にできた中性脂肪を各所に送るのに約12時間。
全部で約24時間かかります。

 

毎日飲酒したらどうなるでしょう?

アルコールで通常より多い中性脂肪が合成されます。
それが毎日です。そのうち、肝臓の処理能力を超えてしまいます。
脂肪肝などもこれが原因です。もちろんその時は中性脂肪値も高くなりますね。

 

おつまみ

飲酒の際は、焼きとりやラーメンなど脂質や糖質が多いものを食べることが多いですよね。
カロリーの過剰摂取の原因にもなりやすいことも、アルコール摂取のリスクとなります。

 

飲酒する時の注意点

適量の飲酒にとどめる
おつまみには枝豆など脂分が少ないものにする

 

ちょっとした工夫で、身体への負担を減らして飲むことが出来ますよ。

 

 

 

トクホで下げる