中性脂肪の基準値・正常値

中性脂肪の基準値・正常値

中性脂肪の数値は、血液検査で知ることが出来ます。
検査を受けても数値までよく見ない方もおられますが、しっかり確認しておきましょう。
自分の身体の現状の内部状況ですから。

 

中性脂肪の基準値

正常値 40〜149mg/dl
危険値 150mg/dl以上

 

中性脂肪の値を考える際、もう一つ重要になるのがコレステロール値です。

コレステロール値の正常値

総コレステロール 120〜220mg/dl
HDLコレステロール 40〜70mg/dl
LDLコレステロール 60〜139mg/dl

 

 

各コレステロール値も血液検査で知ることが出来ます。
HDLコレステロールはいわゆる善玉と言われるもの、LDLコレステロールは悪玉と言われます。
善玉は血管から余分なコレステロールを肝臓に戻し、悪玉は血管に蓄積します。
コレステロールの働きの違いが、善玉と悪玉の区別を作っているのです。

 

コレステロールは不要なものと思われがちですが、

人間の代謝に必要不可欠な成分でもあります。
人間の細胞膜の元です。その成分が低いと逆に身体機能に異常をきたします。
基準値を元にした正常範囲内の値が最良です。

 

体内の中性脂肪は、運動や食事などを見直することで改善できます。

血液検査で、「LDL値」「HDL値」に問題があった場合、まずは少しずつでも生活習慣を改めましょう。
身体が軽くなったり、体調が改善されていく感覚を味わえるようになると思います。

トクホで下げる