中性脂肪を下げる作用のあるDHAとは

DHA(ドコサヘキサエン酸)

メタボやコレステロールを下げる働きがあることで有名なDHA(ドコサヘキサエン酸)ですが
中性脂肪を下げる働きも。
他に血栓を出来にくくする効果もあります。
脳梗塞や心筋梗塞を防いだり、脳に良い働きをしてくれます。

 

認知症の予防にもいいんです。
年代を問わず摂取してほしい成分ですね。
健康に良い成分としてだけではなく、生活に有効な成分として注目されています。

 

摂取方法

DHAはどうやって摂取するの?
DHAは青魚に多く含まれています。
だから、食事に青魚を加える、ですね。

 

DHAを多く含む魚は、まぐろ(トロ)、さば、はまちなど。
他にはぶり、いわし、うなぎ、さんまなどもそうです。

 

こういった魚は年間を通して食べることができます。
なので、食事内容に考えたいところです。
調理内容も工夫次第。バリエーションを増やしましょう。
いろいろと開発するのも楽しいですよね。

 

他の摂取方法として、DHAが含まれたサプリメントなどもあります。
健康補助食品で摂取するのもいいと思います。

 

人間に必要な栄養素は、体内で作られるものも多いのですが
DHAは体内では合成することが出来ません。
外部から食べることで摂取していくしかないのです。
人間にとって必須脂肪酸の一つ。摂取は大切なのです。

 

DHAの摂取をしていくことで、身体に悪い効果はありません。
総合のコレステロール値を減らしていくためにも、DHAは積極的に摂取していきたい成分です。

トクホで下げる