青魚で中性脂肪を下げる

青魚で中性脂肪を下げる

中性脂肪は人間の体にある脂肪のことを指します。
この中性脂肪は、人間が生きていく上で必要なエネルギー源です。
しかし、この中性脂肪が過剰に体内に蓄積されると、様々な病気を引き起こすリスクが高くなります。

 

「EPA」と言う名前を聞いたことはありますか?

EPAとは、魚の脂肪部分に含まれる成分です。中性脂肪を減らす効果があるとされています。魚食べてますか?

 

EPAは中性脂肪を下げるだけではなく、血液をサラサラにする効果もあります。様々な生活習慣病予防にもなります。

 

EPAは魚の脂肪部分に含まれています。脂肪分が少ない白身魚よりも、脂肪の多い青魚に多く含まれています。ですから、中性脂肪が気になる方は、青魚を食べるように心がけてくださいね。

 

青魚のEPAを効果的に摂取するには、

焼いたりせずに、煮魚にするか刺身で食べるのが良いようです。でも、過剰に摂取すると、同時に脂肪も摂取してしまいます。十分に気をつけましょう。

 

一緒に摂ると良いのがビタミンCやβカロテンなど、抗酸化作用のある成分です。
魚料理の付け合せに、野菜を付ければバランスの良い食事になります。

 

そもそも、なぜ青魚が中性脂肪を下げるのに効果があると言われたのか?

エスキモーには動脈硬化や心筋梗塞などの病気発病の確率が非常に低かったからです。
それでエスキモーの食生活の研究がなされました。

 

結果、エスキモーの主食である「魚」に注目が集まり
青魚に含まれるEPAが中性脂肪に効果的だと言う結果が生まれました。

 

魚が好きな人にとっては朗報です。
青魚メニューを毎日少しでも摂るように心がけたいですね。

 

 

 

トクホで下げる